本当は一人でいるのが楽なのでございます

鬱歴10年以上
鬱以外にもかかった病気は片手には余り 引きこもり状態になっています。
極めつけは 一年半前の乳癌で
今はホルモン療法のお薬を飲んでいるせいか、気分の乱高下が激しく ちょっとしたことでコントロール出来なくことがあるのです。
そんな私が とうとう 仕方なく
まだらの母を 介護することに・・
考えただけで病気になりそうだけれど
どうなることか
自分でもわかりません

○○子さんは ピンクでしょう?


母と話していても 


最初は


普通に 会話している感じがするのですが


5分を過ぎた頃から


うん?   誰が?  いつ?




頭の中を ? が 駆けめぐり




たぶん こんな事を言いたいのかな~ 😥


と 私なりに理解し😰


うん うん と相づちを打ちながら😂 


数分間隔で スタートに戻る母の話を 



自然に終わらせようと


ニャン🐱に話しかけるフリをして


興味をそらすのです(;´Д`)



ね!!!



所詮は 相性の悪い親子でございます・・・










話は変わりますが


我が家では


タオルの色が それぞれに決まっています




ちなみに夫はブルー、母はピンク


私が薄い黄色なのですが




うちの母は なぜか自分のタオルに


マジックで ○○子と自分の名前を書くのです



色分けしてるから いいと思うんですが





「どうして名前を書くの? 

 お母さんのタオルはピンクのでしょう」 

 

と聞いてみた・・・すると・・




「だれにも 使わせんように しとると」

( だれにも 使わせないにしているの )





と言うのです。









・・・どんだけ~👆・・・


根性悪くないですか!




バーちゃんのタオルって わかってるのに


だあれも 使いませんから( ̄△ ̄)




それに 私が 自分用に


黄色の新しいタオルをおろすと


○○子と自分の名前をいて


知らん顔😒して 自分の引き出しに


入れるのは、止めてください 苦笑


お母さんのは ピンクですから!


黄色まで 狙わないで😥




洗面所の母用の引き出しには


ピンクのタオルが びっしりはいっているのです


もうこれ以上入れたら 閉まりませんから!







どうでもいいことなのに


寛容になれない未熟な私でございます。







最後までお読み頂きありがとうございました