本当は一人でいるのが楽なのでございます

鬱歴10年以上
鬱以外にもかかった病気は片手には余り 引きこもり状態になっています。
極めつけは 一年半前の乳癌で
今はホルモン療法のお薬を飲んでいるせいか、気分の乱高下が激しく ちょっとしたことでコントロール出来なくことがあるのです。
そんな私が とうとう 仕方なく
まだらの母を 介護することに・・
考えただけで病気になりそうだけれど
どうなることか
自分でもわかりません

気が楽になりました

前回のブログの内容が 重過ぎて


ちょっと自分でも放心状態です


でも なぜか心が軽くなっています



どなたかブログに書かれていらしたように


自分の辛さをここに書かせてもらうことで、皆さんの気持ちを少しだけでも頂け 自分が前を向ける力にさせてもらえるような気がするのです


勝手な思い込みかもしれませんが


幸せは自分の心次第と思っている私の


嬉しい勘違い 身勝手さでございます




棚の缶詰を狙う 食いしん坊の姫





さて

入院中の母は

仲良しになった若いおばあちゃんが

退院してしまい寂しそうです


「 あの人 帰ったら 近所で 宴会が

  あるんだって ・・

  私は あと二ヶ月以上もかかるって

  看護婦さんが言ってた     」


賑やかなことが大好きな母には 宴会が

よほど うらやましかったのでしょう

帰りたい気持ちが 顔中に 溢れてる


大丈夫 これから二ヶ月も

入院させてくれないから


退院したら 補聴器作ろうね


言葉理解器 記憶収納器も

あればいいのに



あっ 記憶収納器は私も欲しいです




読んでいただいてありがとうございました