本当は一人でいるのが楽なのでございます

鬱歴10年以上
鬱以外にもかかった病気は片手には余り 引きこもり状態になっています。
極めつけは 一年半前の乳癌で
今はホルモン療法のお薬を飲んでいるせいか、気分の乱高下が激しく ちょっとしたことでコントロール出来なくことがあるのです。
そんな私が とうとう 仕方なく
まだらの母を 介護することに・・
考えただけで病気になりそうだけれど
どうなることか
自分でもわかりません

今の私と 一生残る心の傷

昨日 私のかかりつけ病院へ


私の定期受診に行ってきました


以前 右半身が動かなくなり


脳出血とわかり


それ以来 血圧と血糖値のコントロールは


欠かせないのです


今は 麻痺もほとんどわからなくなりましたが


先生からは 次の発作があれば


どうなるかわかりませんよと


言われているのです



今回は 血圧も血糖値も高めで


先生も心配されました


ストレスが 良くないと言われましたが


そう言われても


母の骨折入院のことが あるので


ストレス溜まりまくっているのは


情けないけど 


事実なのです


からだって正直です


何を気をつければいいのか


わかりませんが 気をつけます







話は変わりますが


私の両親は 私が八歳のときに離婚し


私は 母との暮らしをはじめました




離婚が成立するまで


父から逃げるような生活をしていた時期がありました


多分 追いかけてくる父が悪者で


母が被害者と


私は思い込み


いやで いやで この生活を


何とかしたいと 思っていました





父が 私を訪ねて小学校に来たとき


私 自ら 父に向かって


父との決別宣言をしてしまったのです



それ以来 父も訪ねてくることはなく


父と会うことはありませんでした


そのことがあって 間もなく


両親の離婚は成立し




それから 父親は再婚したらしいのですが


私が 17歳のときに父が首をつって

亡くなったと


知り合いから聞かされ


ものすごい衝撃をうけました


口には出せないくらいの深い傷でした

 


そのときの心の傷は


今も はっきりと残っています




八歳の娘の 父親への決別宣言


大人になって 自立したら


いつか 父に会って 


こどもなりに 悩んで追い詰められた末


あんなことを言ってしまったのだと


謝りたかった




しかし その機会は 永遠になくなりました




そのことが 後悔 罪悪感 自責の念になり 

精神的に重くのしかかり


今も 思い起こすたびに辛いですが


この思いは 私自身がいつまでも


受け止め続けなければいけないもの


と、思っているのです


そんなことも


母に厳しい目を向けてしまう原因かも

しれないと

反省はしているのでございますが・・・





最後まで読んで頂き

ありがとうございました